鷲の巣

NFL フィラデルフィア・イーグルス(Philadelphia EAGLES)の応援ブログ

2021年ドラフトニーズとか

 

Week5まで終わって1-3-1のチームに期待しているのは残念ながら地区優勝とかプレーオフとかではなく未来に期待が持てるオフシーズンを過ごしてもらうこと。というわけで気が早いものの2021年のドラフトに向けた整理の第1弾を。

 

QB

2020陣容:Carson Wentz・Jalen Hurts・Nate Sudfeld
今年の出来が本当にひどいということはいったん置いて、直面するサラリーキャップ問題等いろいろ勘案すると、とりあえず2021シーズンまではWentzでいくしかないのが本音。お願いなので2021のキャップ問題解決のためにWentzの契約見直しをしてほしくないというのが強い希望。なぜなら契約見直しは一般的に足元のキャップ負担を軽減すべく将来のDead Capを増やすことになるため。Wentzのためを考えるならJohn DeFilippoのような有能なQBCを見つけてくる方が賢明。
“QB factory”を自任するなら下位でケガがちなSudfeldとの入れ替えはあり。いつだってあり。

ニーズ:極小。あっても6巡とか。

 

RB

2020陣容:Miles Sanders・Boston Scott・Corey Clement・Jason Huntley
エースSandersは動かず。だとしてもパワー系がClementで足りるかというとよくわからんといったところ。Sandersがちょくちょくケガすること、不在時が物足りないことを考えると2番手以降の入れ替えはぜひともご検討いただきたく。一方で、ここは今のチームの問題点ではないような気もする。

ニーズ:中~小

 

WR

2020陣容:Alshon Jeffery・D-Jackson・Greg Ward・Travis Fulgham・J. J. Arcega-Whiteside・John Hightower・Quez Watkins(IR:Jalen Reagor)
上記は単に公式のデプスチャートの引用です。好き好んで試合出ない人間を筆頭に置いているわけではありません。というわけで、Ward以下6名しか来年はいません。というかこれは無人と言っていいのでは?
AlshonもD-Jaxも「ケガさえなければ」十分やっていけるのでしょうが、そのIFを待つのがさすがにもう辛く。契約的にも来年になったらDead Moneyも減って切りやすくなるはず。特にD-Jaxについては10年ぐらい前の輝かしい記憶があるので昨オフを経て何とも微妙な別れ方になってしまうのが非常に悔やまれるところ。けどやむなし。さようなら。

ニーズ:極大

 

TE

2020陣容:Zach Ertz・Richard Rodgers・Hakeem Butler(IR:Dallas Goedert)
トレード期限を迎えて去就が非常にキナ臭くなってきたのがErtz。
もとから昨オフにKittleとKelce弟というリーグトップTEが15M/年近辺の大型契約を結んだことを受けて契約延長問題が発生。前述2人の契約延長(+TE市場の高騰)を予期していたチームは12月あたりからErtz側と交渉の場を持って新契約を提示していたものの、やはりErtz側も同様の思惑からその時点ではまとまらず。開幕直前に「ずっとフィラデルフィアにはいたいけどもう無理かもしれない」的な発言に至る。
そして開幕後。開幕戦4Qの4thDownでのクラッチドロップと衝撃的敗戦を受けて「契約のことはもういい。今は勝つことに集中している。」と心入れ替えた宣言をするものの、やはり契約の重さとそもそもTop2人とのパフォーマンスの違いによって新契約は非常に不透明な情勢。あと2年残ってるのに。
ESPNなんかもトレード候補には上げているが、本線は残留。なぜならDead Moneyが馬鹿にならないから。チームリーダーで、奥さんと合わせてVISAのCMやるようなフランチャイズの顔ではあるものの、「セパレートできない」「RACできない」「ブロックできない」に加えて「意外とドロップ多い」というパフォーマンス面の不安もあり、もしかしたらトレードもあるのではないかと。
というわけで新エースGoedertのもとでもしかしたら再構築も必要なポジション。ちなみにTogiaiをWaiver放流してまんまとINDにさらわれた件についてはまだ納得いってない。

ニーズ:中。ただし、Ertz次第。

 

OL

2020陣容:Jordan Mailata・Nate Herbig・Jason Kelce・Matt Pryor・Lane Johnson・Jack Driscoll・Sua Opeta・Luke Juriga・Jamon Brown・Brett Toth
(IR:Andre Dillard・Jason Peters・Isaac Seumalo/PUP:Brandon Brooks/COVID:Matt Pryor)
豪華。IRが。
個人的に投資への非常に評価が難しいのがこのポジション。
怪我人多すぎ。けど将来性抜群。若手が非常によく頑張っていて毎週楽しみ。
Dillardをどうするかはさておき、怪我人がなければ2021は左から「Mailata・Seumalo・Kelce兄・Brooks・Lane」というメンツにならざるを得ないはず。もちろん今年同様に怪我人が多発するリスクは常にあるものの、その不確定さにドラフトで高額投資することはないかと。というかもっと投資すべきところがあるでしょう。期待値が異常に低かったことはあれど、現行のメンツは意外とやれてる方では。
やはり持つべきものは偉大なコーチ。Stoutlandを手放してはいけない。

ニーズ:小。2020同様4巡以下とかならいつでもあり。けど4巡はちょっと高い。獲るならパワー系G。

 

DL(interior)

2020陣容:Fletcher Cox・Javon Hargrave・Malik Jackson・Hassan Ridgeway
このチームで唯一誇れるポジション。パフォーマンスにも文句ない。ちょっとFletchの衰えが見える程度でトータル非常に良い。だけれどもそれが投資に見合っているかは全く別の話。そして迫りくる高齢化の波。
サラリーキャップ問題を扱った地元記事では「HargraveとMalikは両方とも2020年限りでサヨナラ」という衝撃の内容も見た。そしてそれもあり得ると思います。

ニーズ:大

 

EGDE

2020陣容:Derek Barnett・Brandon Graham・Josh Sweat・Genard Avery(IR:Vinny Curry/PUP:Daeshon Hall)
ユニットとしてのパフォーマンスに今のところ文句ないけれどもケガと反則の常習者たるBarnettに本当に来年5年目オプションの10Mを払う価値があるのか、BGの衰えは大丈夫か、などこちらも問題山積のポジション。希望の星Sweatはいるものの、いってもいいと思います。

ニーズ:大~中

 

LB

2020陣容:Nathan Gerry・Alex Singleton・Duke Riley・Davion Taylor・Shaun Bradley(IR:T.J. Edwards)
PHIファンでもスターターの名前言えるか難しいポジション。a.k.a.戦犯。
元Sの肩書ながら速いTEは全くカバーできず、漏れてきたOLにはいいようにコントロールされ、それでもなお毎試合出続けてゴミプレーの山を築いていくNathan Gerryが筆頭の時点でお察し。
ユニットのキャップ合計がリーグ32位のお安さだそうな。そう聞いてもお買い得なんて言葉は頭の片隅にも浮かばない。
本当は全部変えたい。けどまあそうはいかない。Parsonsが欲しい。だけどTop5 Pickには届きそうもない。Parsons以外に1巡っぽいのがあんまり見当たらないのも難点。ああ悩ましい。

ニーズ:極大

 

CB

2020陣容:Darius Slay・Avonte Maddox・Nickell Robey-Coleman・Craig James・Cre'Von LeBlanc(IR:Trevor Williams)

ニーズ:極大
もはや考えるまでもないニーズ。それに加えて先週のPIT戦でまた一つ新しい不安が。Slay、お前もか。
幸い今年のドラフトのこのポジションは割と層が厚いという噂なので是非いいのをください。
ただし、一つだけ。どうしても一つだけひっかかることが。それが出ていったSidney JonesとRasul Douglasの活躍。もしかしたら大枚はたいてドラフトで投資しても…?これ以上は言いたくない。
だから本当のニーズは有能なDBC。今年からのManuelの評価はまだ早い気もするので彼が有能であることを切に願ってます。

 

S

2020陣容:Rodney McLeod・Jalen Mills・K'Von Wallace・Marcus Epps(IR:Will Parks・Rudy Ford)
毎週毎週「まあJenkinsも衰えてきてたし」という呪文を唱えながら試合観戦に臨まされるポジション。
満足できたことはないけどここも試したい若手がいます。Kittle相手にひどいパフォーマンスだったWallece君。君は来年McLeodとMillsの両方がいなくなる可能性があるSにおいて希望の星なのです。しっかり頑張ってください。
とはいえコーチの不在が疑われるという意味ではCBと同じ。
だけれども一つ状況が異なる点があるのが、CBとLBの安定でもうちょっと見てられるユニットになるという可能性。というか楽観。なので相対的に前二つよりはニーズ低め。

ニーズ:大~中。

 

ST

2020陣容:P Cameron Johnston/K Jake Elliott/LS Rick Lovato
不満なし。懸念があるとすればJohnstonとの契約延長ができるか。

ニーズ:なし

 

【まとめ】

1~3巡:Parsons/WR/CB/DL

5巡:EDGE/TE

6巡:RB

7巡:S

 

とは書いてみましたが、そんなことより目の前の試合に勝ってほしいものなのですよファンとしては。
vsBALが厳しいのは承知のうえ。

 

GO!BIRDS!!